誰にでも起こる老化現象|老眼の予防方法を知っておこう

加齢で目も衰える

婦人

老化を遅らせるために

若々しく見える人でも老化現象には勝てないものです。40歳前後から始まる老眼も老化現象の一つで、近くの文字は見えにくいのに少し離すと良く見えるというのは老眼の初期症状の一つです。老眼鏡などを使うことが恥ずかしいからと放置しておくと、どんどん進行してしまい眼精疲労からくる頭痛や肩こりなど体調が悪くなることもあります。また、目が見えにくくなると視覚情報が減り、脳への刺激が減ることで認知症のリスクが高まるとの研究結果もあります。もともとの目の良さなどもありますが、誰でも老眼にはなるのでどれだけ早めに予防をするかで進行の状況も変わります。予防法としてすぐに始められるのがスマホやテレビ、パソコンなどを休み休み見るようにするなど、目を酷使するのをやめることです。または目を刺激するといわれるブルーライトをカットしてくれるPC用メガネを使用するのも良いでしょう。そして老眼を自覚するのは30から60代ごろといわれていますが、若いうちから気を付けておきたいのが食生活です。バランスの良い食事を心掛けることが第一ですが、老眼の予防を考えると抗酸化物質を多く含む食品を摂ると良いです。抗酸化物質を多く含む食品はほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜やサバやイワシなどの青魚、牛肉、などです。また目の疲れを取ってくれる栄養素であるアントシアニンを多く含む食品がブルーベリーやブドウ、赤ワインです。老眼予防のためにはこれらをバランスよく摂取しましょう。

To Top