誰にでも起こる老化現象|老眼の予防方法を知っておこう

目に良い栄養素を取りこむ

目元

細胞から若返らせる効能

年齢を重ねると、気になるのが近くのものが見えにくくなる老眼の症状です。目は紫外線のダメージを受けやすい器官です。紫外線は目のかすみや、ぼやけるなど病気の要因になるので注意が必要です。また、加齢によって目のレンズ機能が衰えてくるので、調節が利きにくくなってきます。目に良いとされる栄養は、ビタミンA,C,Eが最も有効的で、抗酸化作用が認められています。それに加えて酵素を取ることが必要で、亜鉛が最適な栄養素として挙げられます。角膜、網膜の細胞を活性化する各ビタミンは、粘膜を作る代表的な栄養素です。また涙の量を一定に保つことができるので老眼の症状に適しています。それから細菌から守るビタミンCを取り入れることで、白内障の予防にも期待できます。その他に、老化を防ぐ若返りのビタミンとしてビタミンEが挙げられてます。ビタミンEは、脂質の過酸化を抑制し、目に活力を与えるので老眼予防に適している栄養素です。そして、老眼予防に良い栄養素としてビタミンB群があります。たんぱく質、糖質の吸収を良くする働きがあり、細胞を若返らせることで老化の防止が期待できる栄養素です。最近では、ルテイン、アントシアニンを配合したサプリメントも販売されています。サプリメントを検討する場合は、口コミや評判を参考に購入したいものです。老眼は加齢に伴って発症する症状です。細胞を若返らせる栄養素を補うことで予防になり、視覚機能を助ける効果が期待できます。

To Top