誰にでも起こる老化現象|老眼の予防方法を知っておこう

目に良い栄養素を取りこむ

目元

加齢によって起こる老眼を予防するためには、目に良い成分が配合された栄養素を積極的に取り入れたいものです。特にビタミン類は目には良い栄養素なので、毎日体内へ取り入れることで症状を和らげる効能が期待できます。

もっと見る

加齢で目も衰える

婦人

誰でも訪れる老化現象の一つ、老眼は早いと30代ごろから自覚する人もいます。自覚してからもそのまま放置しておくと体調不良や認知症のリスクもあるため、予防のためにも日ごろから目に良い栄養素を含む食品をバランスよく摂取するようにすることが大切です。

もっと見る

目の老化を遅らせるには

目元を触る女性

目に良い運動と栄養

中高年になると誰でも身体の衰えが始まり気力体力のなさを痛感するようになりますが目も例外ではありません。近いものが見えづらくなり、知らず知らずに文字や画面を目から距離をはなしてピント調節をするようになっています。これは老眼の始まりで目の中にある水晶体がピントを合わせる働きをしているのですが、年齢とともに水晶体が固くなってしまうのです。そして近くや遠くの物を見るとき、レンズの厚さを調節してピントを合わせる役割をしている毛様体小帯の線維が緩むことが原因です。視力に問題があるときは、老眼だから仕方がないとそのままにしておかないで眼科を受診することが望ましいです。白内障や緑内障、あるいはほかの病気が隠れている可能性があるので早めに受診することで老眼であることを認識して病気がないことの安心を診断してもらえます。老眼には一般的に老眼鏡がありますが、普段眼鏡をかけていない人で老眼鏡に抵抗がある人にはコンタクトレンズもあります。若い人や症状が初期の人には予防法があり、目の筋肉を鍛えることやピント調節機能の訓練をする方法があります。予防運動には目を左右上下にゆっくり動かす方法と人差し指を見つめながら近づけたり遠ざけたりを10回づつ繰り返します。予防に効果的な栄養素にはアントシアニン、ルテイン、アキタスサンチン、ビタミンb1などがありサプリメントで毎日続けることで予防につながります。パソコンやスマホなど細かな文字や動き、そして強い光が目を酷使する原因となっているので長時間利用しないことも大切な予防法です。

強い紫外線を避けましょう

眼鏡

40代を過ぎると、近くの物が見えにくくなったり、ピントが合いづらくなります。老眼は誰でも罹る可能性のある病気です。しかし、予防を心掛けることで、進行を遅らせることが可能です。ルテインやアスタキサンチンのサプリメントがお勧めです。

もっと見る

To Top